♪♪ 指揮者紹介♪♪


松川智哉2 (1 - 1)

松川 智哉 Tomoya MATSUKAWA

洗足学園音楽大学音楽学部作曲コースを経て、東京藝術大学音楽学部指揮科を卒業、同大学院音楽研究科指揮専攻を修了。2016年度に同大学の推薦を受け、野村学芸財団奨学生。
2019年度より東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団指揮研究員。
これまでに指揮を尾高忠明、高関健、Douglas Bostock、川本統脩の各氏に、作曲•音楽理論を久行敏彦氏に、ピアノを故・谷畑俊枝、羽石彩子、星野苗緒、竹内真紀の各氏にそれぞれ師事。この他、在学中に学内でのマスタークラスにて梅田俊明、山田和樹、Jorma Panula、Peter Csaba、Laszlo Tihanyiの各氏のレッスンを受講。
2010年、”第2回井上道義による指揮者講習会”、2012年”第6回下野竜也による指揮マスターコース”に参加し各氏の指導を受ける。いずれも成績優秀者として、最終日にそれぞれ金沢大学フィルハーモニーと上野学園大学オーケストラを指揮。
2015年8月、びわ湖ホールで行われた”沼尻竜典 オペラ指揮者セミナー「フィガロの結婚指揮法」”の受講生に選抜される。期間中、大阪交響楽団とびわ湖ホール声楽アンサンブルを指揮。

オーケストラ指揮者としての活動の他、オペラの副指揮者としての活動も多い。
2017年より佐渡裕芸術監督プロデュースオペラに副指揮者として携わる。2017年「フィガロの結婚」、2018年「魔弾の射手」2019年「オン・ザ・タウン」の各公演に参加。この他、2017年10月三枝成彰作曲のオペラブッァ「狂おしき真夏の一日」初演、2018年12月長野県伊那文化会館開館30周年記念オペラ「愛の妙薬」、2019年3月びわ湖ホールプロデュースオペラ「ジークフリート」、2019年9月一番星オペラ「椿姫」などの各公演にて副指揮者を務める。

(写真 撮影:井村重人)


19526

竹内 健人 Kento TAKEUCHI

福岡県北九州市出身。
4歳からピアノ、10歳からサキソフォンを始める。洗足学園音楽大学音楽学部サキソフォン専攻を卒業後、東京藝術大学音楽学部指揮科へ進学。
サキソフォンでJBAソロコンテスト福岡県大会金賞を受賞。第10回全日本高校選抜吹奏楽団に選ばれウィーンのオペラ座で演奏する。

指揮で2016年のWMC-WBAS Intercontinetal Conducting Courseのファイナリストに選ばれる。2018年、東京オペラ主催「魔笛」公演を指揮。
2019年、青島広志主催ブルーアイランド版「魔笛」副指揮者。
北九州初のプロオーケストラ、「北九州グランフィルハーモニー」と共演。尾高忠明、ジョルト・ナジ、ラースロー・ティハニ、ダグラス・ボストックの各氏のマスタークラスを複数回に渡って受講。ピアノを上岡由美子、鳥羽瀬宗一郎、吉武優に、サクソフォーンを江口紀子、池上政人、室内楽を服部吉之の各氏に、指揮を川本統脩、黒岩英臣、山下一史、高関健の各氏に師事。
東京シティブラスオルケスター、AZUMA吹奏楽団指揮者。東京サキソフォンオーケストラ常任指揮者。